レンズ以外にも、色々な部品を作っている

鏡筒という部品の役割とは

鏡筒という部品は聞いたことがありますか?
カメラに詳しい方ならご存知かもしれません。簡単に言えばズーム機能のことです。被写体が遠くにいて、自分が近づけない状況でも、綺麗にカメラにおさめることが出来ます。
その他にもシャッターユニットを開発しています。これはシャッタースピードを調節する機能で、シャッターチャンスを逃さない素晴らしい機能だと思います。私も経験がありますが、シャッターを押してから中々写真が撮れなかったりするのはこのシャッターユニットを使いこなせていないことに原因があります。新亜工学工業株式会社のシャッターユニットはとても優れたものだと定評があるので、どのメーカーも取り扱うことが多いそうです。

通信用海底ケーブル

新亜工学工業株式会社では、通信用海底ケーブルも製造しています。
通信用海底ケーブルとは、深い海の底にしかれた巨大ケーブルで、海外のデータを共有するのに使われています。一昔前までは通信衛星が使われていましたが、今、ほとんどは海底ケーブルが使われているそうです。海底ケーブルの方が衛星中継よりも早く状況が分かり、雨や台風などの天気の影響を受けづらいからだと言われています。しかも情報量も通信衛星の1000倍以上というので驚きですよね。その技術力の高さには脱帽です。私たちがオリンピックや世界陸上などの海外の情報を何不自由なく手に入れることが出来るのも、この高い技術力があってこそのものなのだと思うと、深い尊敬の念を抱かずにはいられません。